都有施設の公共用充電設備を有料化

都庁総合ホームぺージ

都有施設の公共用充電設備の有料化について

ロゴ画像1 ロゴ画像2

東京都は、ゼロエミッション東京の実現に向けて、電気自動車(以下「EV」という。)などのゼロエミッションビークルの普及を促進しており、都施設において公共用充電設備の整備を行っております。
現在、都施設の充電設備の利用料金については一部を除き無料になっておりますが、民間企業で設置している充電設備の有料化が進んできていることを考慮し、都有施設のすべての充電設備についても有料化することとしましたので、お知らせします。なお、利用者の利便性に配慮する観点から、自動車メーカー等の発行する充電用カードも利用できるようにします。

1 有料化開始日

令和5年10月2日(月曜日)

2 利用方法と利用料金

充電設備の利用に当たっては、電子決済となります。次の方法で利用ください。現金は利用できません。

(1)充電用カードをお持ちの場合

株式会社e-Mobility Power又は自動車メーカー等が発行したe-Mobility Power提携カードを、認証器にかざして利用できます。利用料金は、充電用カード発行各社により異なります。それぞれにご確認ください。

(2)充電用カードをお持ちでない場合

充電器本体に掲示してあるQRコードを携帯電話等で読み取り、会員登録を行うことで利用できます。
利用料金は、次の通りです。

1)急速充電器

5分以内105円(税抜)、以降1分21円(税抜)

2)普通充電器(認証器・充電ケーブル付)

20分以内60円(税抜)、以降1分3円(税抜)

3)普通充電器(コンセント型)

1分3円(税抜)

※利用方法の詳細は、今後、環境局ホームページ及び充電設備本体等に掲示いたします。

3 都有施設の公共用充電設備の設置場所

別紙(PDF:171KB)のとおり

本件は、「『未来の東京』戦略」を推進する事業です。
戦略14「ゼロエミッション東京戦略」

関連ワード
カテゴリ
タグ
データの読み込みに失敗しました。お時間をおいてから再度お試しください。