HPVワクチンのポータルサイトを開設

都庁総合ホームぺージ

これだけは知ってほしい
ゼロからわかるHPVワクチンのポータルサイトを開設

都は、子宮頸がんなどの予防につながるHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種の対象者や保護者などに、HPVワクチンと接種の情報をわかりやすくお知らせするポータルサイト「はじめてのHPVワクチン」を開設します。
特に1997年度~2007年度生まれの女性の方で、HPVワクチン接種を受けていない方への無料接種(キャッチアップ接種)は2024年度末までで、今年度中に接種を完了するには、9月までに1回目の接種を受けていただく必要があります。サイトを参考に接種をご検討ください。

ポータルサイトの概要

名称

「はじめてのHPVワクチン(ゼロからわかるポータルサイト)」

主な対象者

  • 定期接種対象者(小学校6年~高校1年相当の女性)
  • キャッチアップ接種対象者(1997年度~2007年度生まれの女性)
  • ワクチン接種に関心のある男性
  • 接種対象者の保護者やご家族の方

コンテンツ

  • HPVワクチンと子宮頸がんの情報
  • HPVワクチンに関する相談先 等

ポータルサイト

QRコードの画像

画像

運用開始日時

令和6年7月9日(火曜日)14時00分から閲覧可能です。

動画の配信

HPVワクチンの普及啓発のため、今後、動画を配信する予定です。

参考

HPV(ヒトパピローマウイルス)とワクチン接種について

HPVは、性経験のある女性の多くが生涯で一度は感染するといわれている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。
特に近年、若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。HPV感染症を防ぐワクチン(HPVワクチン)は、小学校6年~高校1年相当の女性を対象に、定期接種が行われています。

キャッチアップ接種について

誕生日が1997年4月2日~2008年4月1日の女性の中に、通常のHPVワクチンの定期接種の対象年齢(小学校6年~高校1年相当)の間に接種を逃した方がいらっしゃいます。まだ接種を受けていない方に、あらためて、HPVワクチンの接種(キャッチアップ接種)の機会をご提供しています。

※キャッチアップ接種対象となる方への無料接種は2024年度末(2025年3月末)までとなっています。
※接種は合計3回で、完了するまでに約6か月間かかるため、9月までに1回目の接種を受けていただく必要があります。

関連ワード
カテゴリ
タグ