木材利用ポイント対象住宅を大幅に拡大

都庁総合ホームぺージ

多摩産材等の利用を促進する「木材利用ポイント事業」について
対象となる住宅を大幅に拡大し受付を開始します

都は、「東京の木 多摩産材」の利用拡大を図るため、新築戸建てやリフォームでの多摩産材の利用量に応じて、東京の特産物等と交換できるポイントを交付しています。今年度から、新築戸建て住宅及びリフォームの双方について、交付対象を拡大します。

1 交付要件

以下の全ての要件を満たすこと。

自らの居住用に新築した戸建て住宅 自ら居住する住宅のリフォーム(賃貸を除く)
多摩産材を4立方メートル以上使用 多摩産材を9平方メートル以上使用
(床又は内壁の室内に面する部分のみ)
令和6年4月1日以降に完成
※東京ゼロエミ住宅は令和4年4月1日以降に完成
令和6年4月1日以降に内装木質化完了
※CO2削減を目的とする都等の補助金を受けて
改修された住宅は令和5年4月1日以降に完了

 

写真

2 交付ポイント

詳細はホームページ(外部サイトへリンク)を参照

新築戸建て住宅(最大60万ポイント)【注1】 リフォーム(最大30万ポイント)【注2】
多摩産材1立方メートル当たり8万ポイント 多摩産材1平方メートル当たり3千ポイント
国産木材1立方メートル当たり1万ポイント 国産木材1平方メートル当たり2千ポイント

【注1】東京ゼロエミ住宅の場合はポイント加算措置有
【注2】東京都等の補助金を受けてCO2削減目的の改修を行った場合はポイント加算措置有

3 ポイントの申請受付期間

令和6年6月12日(水曜日)から

4 ポイントと交換できる東京の特産物等

  • 東京の農林水産物、伝統工芸品
  • 国産木材製品
  • 東京の森林整備や林業振興に資するサービス等
  • 都内に事業所を有する技能士(左官、畳製作、建具製作)が製作した漆喰等を対象住宅に施した場合に限り、商品券等とポイントの一部を交換可能

5 申請方法等

詳細はホームページ(外部サイトへリンク)を参照してください。

QRコードの画像

ロゴ画像1

本件は、「『未来の東京』戦略」を推進する事業です。
戦略12 稼ぐ東京・イノベーション戦略「次世代に引き継ぐ東京の未来の森プロジェクト」

関連ワード
カテゴリ
タグ