今春の飛散花粉数は昨春の9割(速報)

都庁総合ホームぺージ

今春の飛散花粉数は昨春の9割
都内のスギ・ヒノキ花粉の観測結果(速報)

キャラクターの画像
東京都アレルギー情報navi.イメージキャラクター きぃちゃん

今春(2024年)の都内スギ・ヒノキ花粉観測地点における、5月12日までの観測結果を取りまとめましたので、速報としてお知らせします。
今春のスギ・ヒノキ花粉の詳細な飛散状況については、東京都花粉症対策検討委員会において、分析・検討を行い、その結果をあらためてお知らせする予定です。

今春の飛散花粉数は、昨春の9割、過去10年平均の1.3倍

今春のスギ・ヒノキ花粉の飛散数は、昨春の9割でした。
また、2014年から2023年までの過去10年平均の1.3倍でした。

スギ花粉の飛散は終了、ヒノキ花粉の飛散もまもなく終了

例年、都内ではスギ花粉は4月下旬ごろ、ヒノキ花粉は5月上旬ごろに飛散終了日【注】を迎えます。
今春におけるスギ・ヒノキ花粉の飛散数は、4月中旬から減少し、都内12観測地点のうち、スギ花粉については12地点、ヒノキ花粉については8地点で飛散終了日【注】を迎えました。
【注】飛散終了時期に、花粉の数が0個だった日が3日間続いた最初の日の前日

これからはイネ科花粉等に注意

これからの時期は、カモガヤなどのイネ科の花粉、夏の終わり頃からキク科のブタクサやヨモギなどの草本類の花粉が飛散するため、注意が必要です。
観測値については、以下のホームページに公開していきます。
※詳細は別紙(PDF:277KB)をご覧ください。

東京都の花粉情報

ホームページ

バナーの画像1

バナーの画像2
東京都の花粉情報バナー

QRコードの画像

関連ワード
カテゴリ
タグ