就職氷河期世代リスタート支援助成金申請案内

都庁総合ホームぺージ|東京都

令和5年度 東京都就職氷河期世代リスタート支援助成金申請受付のご案内!!

第1回の受付は令和5年5月1日(月曜日)から開始します。

東京都では、就職氷河期世代の方を正社員として採用(非正規社員として採用し6か月未満で正規転換した者を含む)し、定着を図るために計画的な指導育成の取組を行った中小企業等に対し助成金を交付いたします。

令和5年度の変更点
  • 助成金名が変わりました。(旧事業名:就職氷河期世代雇用安定化支援助成金)
  • 正社員だけでなく非正規採用後6か月未満での正規転換も交付対象に追加します。
  • 助成金の申請が可能になるまでの必要な雇用期間を1か月に短縮します。
  • 指導育成計画書の策定等にあたって専門家に相談した場合、費用を助成する制度を新設します。
    ※昨年10月より電子申請(Jグランツ)もできるようになりました。
助成金の概要
1 対象
  • 国の特定求職者雇用開発助成金(就職氷河期世代安定雇用実現コース)の支給決定を受けた中小企業等
  • 都が令和2年度以降に実施する就職氷河期世代を対象とした就職支援事業【注】を利用し、正社員として採用(非正規社員として採用し6か月未満で正規転換した者を含む)した中小企業等

【注】

1)就活エクスプレス
2)ミドルチャレンジ(Jobトライ)
3)東京しごと塾
4)ミドル世代正規雇用支援事業(就職氷河期世代キャリア・チャレンジ)
5)雇用創出・安定化支援事業(雇用安定化就業支援事業を含む)
6)ものづくり産業人材確保支援事業
7)原油価格高騰等に係る雇用創出・安定化支援事業
8)就職チャレンジ多摩(ミドルコース)
・5)~7)については、採用日(非正規雇用労働者として採用された場合はその採用日)時点の満年齢が35歳以上54歳以下の利用者が対象

2 交付要件

対象労働者(上記の対象者で、令和2年4月1日以降に正社員として雇用されている労働者)に対して、支援期間(3か月)のうちに、以下の支援を行うこと。

  • 指導育成計画(3年間)の策定
  • 指導育成者(メンター)の選任及びメンターによる指導
  • 指導育成計画に基づく研修の実施
    ※対象労働者は、支援期間終了時まで同一事業主に雇用され、継続して勤務していることが必要です。
3 交付金額
  • 対象労働者数に応じ、以下の金額を交付します。
    1人:30万円
    2人:60万円
    3人以上:90万円
  • 指導育成等に関する業務を専門家に委託した場合、以下の金額を加算します。
    5万円(1事業主当たり1回限り)

詳細はTOKYOはたらくネットをご覧ください。

QRコードの画像

本件は、「『未来の東京』戦略」を推進する事業です。
戦略15 誰もが輝く働き方実現戦略
「「意欲ある人が輝く社会」構築プロジェクト」

関連ワード
カテゴリ
タグ

関連記事