TIB CATAPULTへの参画事業者を募集

都庁総合ホームぺージ

グローバルイノベーションに挑戦するクラスター創成事業(TIB CATAPULT)
参画事業者の募集を開始します!

ロゴ画像1

東京都は、東京からイノベーションを巻き起こすことを目指し、スタートアップの一大支援拠点「Tokyo Innovation Base」(以下、「TIB」といいます。)を設置し、国内外のスタートアップやその支援者が集い、交流するプラットフォームづくりに取り組んでいます。
世界の課題に挑み、グローバルに成長するスタートアップを生み出していくためには、こうしたプラットフォームに加え、クライメートテックやライフサイエンスなど、東京の強みとするビジネスや技術の領域に焦点をあて、事業会社などが協働してスタートアップを強力に支援する「イノベーションクラスター」を育てることが重要です。
このため、TIBでは、そうした事業会社などの取組をサポートする「グローバルイノベーションに挑戦するクラスター創成事業(通称「TIB CATAPULT」)【注】」を新たに開始します。このたび、本事業に参画する事業者を募集しますので、お知らせします。

【注】“TIB CATAPULT”とは
CATAPULTとは、射出装置を意味する言葉です。TIBとつながる様々なクラスターから、スタートアップが世界に勢いよく飛び出していく土台をつくりたいという思いから、“TIB CATAPULT”と名づけました。

1 事業者の募集

  • 世界の課題を解決し、グローバルに活躍するスタートアップの輩出を目指す事業会社等の連携体が、それぞれのビジネスや技術の領域の強みを活かして、スタートアップとの特色ある協働を行う提案を募集します。
  • 募集数は6者を予定しています。
  • このうち、有力な海外支援機関(海外大学、海外アクセラレータ等)と連携し、グローバルスタンダードな支援を強力に行う1者を、「グローバル推進クラスター」に選定します。

2 スタートアップ支援の実施

  • 採択された者は、東京都と協定を締結し、約2年7か月(予定)の期間で、複数の事業者が連携してスタートアップを発掘・育成するクラスターの形成に取り組むとともに、具体的な支援を実践します。
  • 東京都はそれぞれの取組が着実に進むようサポートするとともに、先端技術の実装など、優れた事例の創出を促すため、成果指標の達成状況等に応じた協定金を支払います。
  • 協定金額は以下のとおりです。
    • クラスターへの協定金(6者採択)
      初年度最大0.8億円(最大3億円/3か年度)
    • グローバル推進クラスターに対する加算協定金(6者のうち1者)
      上記金額に以下の金額を加算
      初年度最大0.7億円(最大3億円/3か年度)
  • また、東京都はクラスターに対して、クラスター間のネットワーキングやメンタリングの機会の提供等の支援を実施します。

4 募集期間

令和6年6月3日(月曜日)から同年7月8日(月曜日)17時00分まで

5 今後のスケジュール(予定)

  • 令和6年7月中下旬
    審査・採択クラスター決定・協定締結
  • 令和6年8月
    各クラスターの取組及び支援の開始

6 その他

  • 本事業の実施期間は令和8年度末までを予定しています。
  • 募集の詳細や申込については、「グローバルイノベーションに挑戦するクラスター創成事業 クラスター公募要項」をご確認ください。公募要項及びその他応募に必要な書類の様式は、本事業のホームページに掲載しています。

QRコードの画像

参考 スキーム図・ビジネスや技術の領域の例

スキーム図

ビジネスや技術の領域の例

ロボティクス/ライフサイエンス/クライメートテック 等

ロゴ画像2

本件は、「『未来の東京』戦略」を推進する事業です。
戦略11 スタートアップ都市・東京戦略

関連ワード
カテゴリ
タグ